LIP for Girls 2014 イベントレポート

LIP for Girls 2014 イベントレポート

LIP for Girls 2014 イベントレポート

 LIP(Life-science Initiative Program)実行委員会では、この度株式会社ジーンクエスト代表取締役の高橋祥子様と株式会社ユーグレナ取締役兼研究開発部長の鈴木健吾様をお招きして、イベント「LIP for Girls」を開催させていただきました。
 講演者には、東京大学大学院在籍中に遺伝子解析を主幹事業とする株式会社ジーンクエストを立ち上げ、現在も学業とビジネスを両立されている高橋祥子氏(代表取締役)と、ミドリムシ研究の先駆けである株式会社ユーグレナの鈴木健吾氏(取締役 研究開発部長)を迎え、講演・学生とのパネルディスカッションを行いました。以下に、当日の様子をお伝えします。

▲ジーンクエストの高橋代表による、女性の立場からの研究とビジネス、アントレプレナーシップについてのご講演は、医療の未来を開拓し、まったく新しい予防医学を打ち立てる意欲的なものでした ▲東工大の院生として研究に取り組むだけでなく、リケジョプロジェクト(講談社)でも活躍する田坂さん。理系=男性向きというのは先入観でしかないことを思い知らされます。 ▲挨拶をする弊団体代表。会話をするとそのひねくれ度合いに将来が心配になります。 ▲今回、スポンサーしていただいたつくばテクノロジーシードの佐々木代表。日本でも有数の、理系のベンチャービジネス界におけるアクセラレータです。 ▲ユーグレナの鈴木研究開発部長からのご講演。ミドリムシのパワーで世界のエネルギー問題の克服、サステイナブルな社会の建設をめざし、着々とビジネスを進めてきています。 ▲鈴木さんは、大学時代に読んだ論文を自身の出発点に挙げていました。 ▲「ゲノム」概念の説明をする高橋さん ▲ミドリムシの活用による壮大な社会ビジョンを語る鈴木さん ▲パネルディスカッションでは、実際にどのようにビジネスを始めたのか、誰にでもできるようなことなのか、ゲストの皆様からより具体的な話を伺うことができました。 ▲会場の質疑応答も盛り上がりました。高校生からの鋭い質問に、ゲストのみなさんも真剣に回答。

LINEで送る
Pocket