髪を巻くのも伸ばすのもほぼ同じ!?!?

髪を巻くのも伸ばすのもほぼ同じ!?!?

髪を巻くのも伸ばすのもほぼ同じ!?!?

こんばんは。

最近は雨が多いので憂うつな気分になる方は多いのではないでしょうか。
今年の9月は雨が特に多く、太陽が出ている時間が本当に短いそうです。

雨が降ると、体調面で言えばあんまり嬉しいことはないですね。。

私は雨の影響を受けやすいので、
もともとある肩こりがさらにひどくなったり
肩こりに付随して頭痛がしたり
なんとなーくだるくなったり(これは雨のせいじゃないですかね笑)
髪型がうまく決まらなかったりします。

e71650fd50733bb89c4287d39478f42e_s

ゆるいクセ毛持ちの私にとって、雨が影響して髪が広がると朝から気分が下がります……。
みなさんは天気によって髪型が決まらなくなったりするでしょうか。どんな日でもきれいに髪がまとまっていたりアレンジしている人を見るととっても羨ましくなります。

とはいえ、広がった髪を放っておくわけにもいかず結んでやり過ごすことが多いのですが
できればいつも髪型はキマっていてほしいところ。結ぶだけのワンパターンもつまらないし、クセ毛で広がりやすいと結んでもぼわっと重たい印象になりがちです。

もうこの髪の状態はいやだ!髪切りたいかも!

と思った時、パーマという素晴らしい技術を私の髪にかけることが時々あります。
1回かければまとまりが良くなり、扱いが随分楽になります。私にとって本当に魔法のような技術です。

062387ff9d3f9cbc45b4d44326d1a16b_s

これを読んでくださっている皆さんの中にはもうパーマの原理を知っている方もいるかとは思いますが、パーマと縮毛矯正はほぼ同じだということは知っていますか??

(…個人的な予想では2割ほどしか知らないのではないかと踏んでいます)

・パーマと縮毛矯正はほぼ同じ!?
どうせ適当なこと書いてるんじゃないか、と思ってますかね??笑

私はちゃんと正しいことを書いてますよ!

みなさんご存知の通り、パーマと縮毛矯正は見た目でいえば真逆の施術ですよね。

巻き髪スタイルを維持することでくるくるっと扱いやすくなったり、ゆるふわな質感を手に入れたりできるのが
魔法の技術ことパーマです。

気になるクセ毛をきれいなストレートヘアにしたい!
そんな時には、縮毛矯正を注文しますね。

巻くことと伸ばすこと。

真逆の仕上がりになるのに、実は施術の工程はほぼ同じなんですよ!

☆パーマと縮毛矯正の原理
①1液と言われる薬剤を使って、髪のタンパク質に含まれるシスチンという分子の構造をブチブチっと切断します!

927353adaba3390fc1896c063d94b63b_s

私たちの皮膚も、何かの拍子で切ってしまった時は痛みを感じますし、ダメージを受けます。
髪も皮膚と同じようなものと考えてもらえると良いみたいです。ブチブチっと切断した時に、髪は大変なダメージを受けます。
(だから、パーマや縮毛矯正の施術後は傷みやすいと言われるんですね。)

シスチンは髪の毛の構造を決める性質があるので、
シスチンの分子構造をブチブチっと切ることで、縮毛矯正希望の方はクセの状態から脱却できます。
髪の構造を決める要素をなくして、リセットしている状態になります。

②1液を流した後、2液をかけつつ、希望のスタイルに形を作っていく。

この時、パーマの種類など、施術するものにより用いる機械が異なります。
今は一般的なコールドパーマだけでなく、デジタルパーマやエアウェーブなど様々あります。

この工程で用いる機械や時間が異なってきますが、基本的な工程は全て同じになります。

この工程で、ブチブチに切ったシスチンを希望の構造に作り変えていく作業を行うため
これが終わった時にはくるんくるんのカールが出ていたり、ぴんと髪のクセがなくなっている状態になっているはずです!!!

bfc4d40eb79d001a11486a3f022a5189_s

いかがでしょうか。
パーマと縮毛矯正がほぼ同じ原理で作られたメニューであることを知ってもらえたのではないかなと思っています。

また次回も身近に関わる科学をご紹介します!!
お楽しみに!

Writer : みゆ

LINEで送る
Pocket