女子高生が桑の葉から宝石発見!?

女子高生が桑の葉から宝石発見!?

女子高生が桑の葉から宝石発見!?

こんばんは!!!

今日はテンション上がってます!昨日、万能な桑の葉ベンチャーの紹介コラムを書かせて頂きましたが、桑の葉についてまた有能っぷりを見つけちゃいました^^

なんでも、日本の女子高校生が桑の葉から『プラントオパール』と呼ばれる鉱石を発見したそうです。

プラントオパールは、植物の宝石と言われているガラス化したケイ酸の結晶です。

m-a31

(www.technex.co.jp より転載)

桑の葉は、1個体に形の違う葉をつける性質を持っています。こうした葉の付き方について女子高生らが規則性があるかどうかを研究していたところ、プラントオパールを見つけたそうです。

プラントオパール自体はイネ科植物によく存在するそうですが、桑の葉はクワ科植物です。女子高生らが研究対象にしていたのは、桑の中でも蚕の餌になっている一ノ瀬クワという種類。この一ノ瀬クワからプラントオパールが発見された事例は今回が初めてだそうです。

世紀の大発見とも言えますね!!!

私も高校生の頃に、こんな風に自由に研究してみたかったなと思います。教授が行っている研究テーマをもらって研究していたとしても、今回のように大発見があったりするとモチベーションも上がるでしょう。

科学に対する興味や好奇心が掻き立てられる良い経験になるのではないかなと個人的には思ってます。羨ましい。

偶然桑ネタを見つけて、今日は興奮冷めやらぬまま書き連ねてました。これも何かの縁なのかなと。桑の葉の可能性をまたひとつ、知ることができて桑の面白さをますます感じられました!

 

ではでは、皆さまおやすみなさい^^

Writer:みゆ

LINEで送る
Pocket